problem loading posts

unikko-juice

よく、特に女性誌なんかで

「女も、仕事も、母親も、ワタシもあきらめない!輝く!」

みたいなキャッチコピー見ますけど、あれってなにが幸せなのかわかりません。自ら全ての競合する課題を抱え込んでるようなもんです。こんなことが全て100点満点にできるのは一部の例外的な超人だけ。一般人がこんなことやろうとしたら毎日が葛藤の連続なこと必至です。

「私は母親、以上。あとはオマケ」でいいじゃないですか(もちろん男の場合は「私は父親、以上。あとはオマケ」ね)。それがイヤなら子供を産まなきゃいい。

「大学では、ゼミも、サークルも、恋愛も、バイトも、ボランティアも全部全力を注ぎたい!」

っていって、卒業間近になってどれも中途半端でなにも身についておらず悩む大学生みたいな状況になる気がします。

100%- always 「常に」「必ず」
90%- almost always「ほぼ必ず」
80%- ususally, normally, generally 「普通は」「普段は」「たいていは」
70%- very often, frequently 「とてもよく」「頻繁に」
60%- often 「よく」
50%- sometimes 「ときどき」
40%- occasionally 「たまに」
20%- seldom, rarely 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
10%- almost never, hardly ever, scarecely ever 「めったに~ない」「ほとんど~しない」
0%- never 「決して~しない」「全く~しない」「一度も~しない」

頻度を示す16個の英語の副詞の使い方を完璧に身につける簡単訓練法 | わいわい英会話 (via rairaiken424)

(yellowblogから)

男も家事を分担すべき→男子も家庭科必須に
女性を性的な目で見ないで→セクハラによる縛りができる

こういう「女性からの要望」を聞き入れていった結果、家事も炊事も自分で出来、女性を性的な目で見ない男性が出来上がりました。
その結果→「なら女要らないじゃん」

ところで、切った派遣会社の名前がほとんど出ていないことを、皆さんは気づいているだろうか。NHKでは一部名前を出したが、民放では出せないのだ。なぜなら、自分たちも派遣を使っているから。これはある民放の報道幹部に聞いたので間違いない。なんたる情けないザマだろうか。大体、派遣が切られるのは、大企業が悪いワケじゃない。派遣会社が雇用の安定に対し努力していないから悪いのである。だから、叩くべきは派遣会社なのだ。

okazu-shokudo:

オーブンまかせのキュッシュ風オムレツ(今日はピーマン玉ねぎソーセージなどピザ風)、アスパラベーコン、焼き鯖、ひじき生姜。アメリカからなぜか痩せて帰ってきた家族。ごはんを少し入れることにしました。ひさびさのお弁当。

(yellowblogから)